aouellou glass


aouellou glass
場所:サハラ砂漠の西に位置するモーリタニア
年齢:約3.1百万年

1952年にCampbell-Smith氏とHey氏によって、Aouelloul Glassが始めて紹介された。Aouelloul GlassはDarwin Glassとよく似ていて、多様な黒い小さなガラスの塊でできています。モーリタニアの砂漠には直径350メートルのクレーターがあり(12°41'West 20°15'North)、発見されたほとんどのAouelloul Glassはその外側からみつかっています。

<< TEKTITE(テクタイト)

<< 主要隕石分類早見表