Gibeon

Gibeon
鉄隕石 オクタヘドライト
ナミビア共和国 グレ-トナマランドで
1836年発見

この美しく珍しい隕石は、以前から現地の人々に知られていたが、正式な発見は1836年となっている。ほとんどは手付かず状態で発見され、総数100以上、総重量5万キログラムに達した。密度の高い結晶、少ない含有物、豊富なニッケルのため錆に強く、エッチングするとみごとなオクタヘドライトの模様が見られる。

Great Fish Riverの東岸で数個の大きな隕石が発見されたという報告の後、その他にも多数発見され、現在までの総重量は5万キログラムに及んでいる。




ウッドマンステッテン模様
鉄隕石のオクタヘドライトをエッチングすると、このような美しい模様が浮かび上がる。詳しくは、鉄隕石の解説ページを参照。

<< OCTAGEDRITE(オクタヘドライト)

<< 主要隕石分類早見表