Mundrabilla

Mundrabilla
種類鉄隕石

ミディアム・オクタヘドライト

硫黄、ケイ酸塩含有物
場所オーストラリア ウェストオーストラリア州

(Nullarbor Plain, West Australia,Australia)
経緯度南緯30度47分、東経127度33分
発見1911年と1966年


『プレミアダウンズ』とも呼ばれるこの隕石は、1911年に初めて発見されました。1966年には Nullarbor Plain でさらに発見があり、16トンと6トンの大きな塊が2つ、オーストラリア横断鉄道近くで見つかりました。この隕石には穴や窪みがあり、非常に奇妙な形をしています。激しくねじれている形のものもあります。もともとの酸化した表面はそのまま残されています。

この商品に対する質問にお答えします
知りたい項目にチェックを入れてください
値段を知りたい
支払方法を知りたい
納期を知りたい
大きさと重さを知りたい
同じ隕石で、写真以外の形・大きさをしたものがあるか知りたい
その他
メールアドレス
メールでお答えいたしますので、メールアドレスは正確に入力してください
メール情報を他の目的に使うことはありません




<< 主要隕石分類早見表