Shergottite
これが火星の石だ!

Zagami
石質隕石 カルシウムの多いエイコンドライト
シェルゴタイト
SNC(火星起源の石の総称)
ナイジェリア連邦共和国Katsina地方で
1962年10月3日落下

Zagami Rockから1.2キロメートルの地点に、18キログラムに及ぶ多量の隕石が落下した。メテオハンターのロバート・ハーグ氏は、困難を極めた探索の末、Zagami隕石を保管する地方都市・Kadunaの美術館に辿り着き、ようやく入手することに成功した。





Dar al Ghani 476
石質隕石 カルシウムの多いエイコンドライト
シェルゴタイト
SNC
サハラ砂漠のリビア地域で1998年春発見

1998年春、リビア砂漠を探索中、2キログラムの石が1つ発見された。以前に行われた探索では、隕石ではないと思われて、そのままにされていたものだったが、さらに洗練された認識力が功を奏して、この時の探索者が見落とすことはなかった。分析にまわした結果、一流の科学者が火星起源の隕石であることを認めた。

<< CALCIUM-RICH(カルシウム多)

<< 主要隕石分類早見表