隕石を追うアメリカンドリーマー

Robert A Haag ----The Miteorite Man


人なつこい笑顔と輝く瞳は彼の人生の象徴。隕石にとりつかれ、隕石を追うことが人生のすべて。
ロバート・バーグ、別名メテオライトマン。20年以上のキャリアを持つロバートは、世界中の研究室や博物館に隕石を提供してきた世界的に有名なメテオハンターである。


彼は隕石を手にしてこう語る「隕石は僕の情熱であり、この上ない仕事を与えてくれるものだ」と。民間のコレクターの中で最良・最多のコレクションを誇るロバートは、愛情を込めて隕石のことを「天国から落ちてきた幸運の星」と呼ぶ。隕石があってこそ現在の彼があるのだ。


もちろん、ここに至るまでの道程は決して平坦なものではなかった。多くの苦労や危険に合いながらも隕石をあきらめなかったのは何故なのか。ロバートと隕石を結びつける奇遇な運命、冒険好きでチャレンジ精神旺盛な彼の性格、そして何よりも夢を信じて追い続ける精神力がそこにある。